ツール

WordPressが真っ白になったときの対処法

こんにちは、ユキです。

今朝、なんとなくスマートフォンから自分のサイトを確認しようとしたのですが、

表示されたのは、謎のエラー画面でした。

サイトは真っ白になり、表示されていたのは

「Fatal error:Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 20480 bytes) in /home/yuki000/yuki-001.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 75」

という文字だけ。

寝ぼけていた頭が一気に冷めました。

ログインは可能だったので、調べたらすぐに解決しました。

サイトが表示されなくなった原因は、プラグインでした。

その時の経験を書いておくので、同じエラーが出た方は参考にしてください。

記事内の方法は当ブログで有効だったものです。

個別にエラーの内容は異なるので、同じ方法でも効果がない場合があることをご了承ください。

なお、当ブログは作業結果に関していかなる責任も負えません。

作業に関しては、バックアップを取るなどご自身の慎重な判断の元で行うようお願いします。

このエラーの意味

メモリー不足で、アプリケーションが実行できないという意味です。

メモリを使い切るような使い方をしていないんですけど・・・

原因はプラグインだった

エラーが発生したときはプラグインが原因の可能性があるので

とりあえず、一つずつプラグインを停止してみることにしました。

停止していたら、「W3 Total Cache」というプラグインが原因でした。

「W3 Total Cache」はサイト高速化のためのプラグインです。

ページやキャッシュすることで、サイト表示の高速化を図っています。

調べてみると、このプラグインが原因のエラーが多発しているようです。

相性があるみたいですね。

復旧方法

復旧方法は簡単で、原因となるプラグインを停止するだけです。

 

もう一回、「W3 Total Cache」を有効化したら、別のエラー画面になりました。

これがエラーを起こしているのは間違いないようです。

あとは、削除するだけです。

このプラグインを削除するときにエラーが発生することがあるみたいです。

設定画面ですべてのチェックを外して削除するとエラーが発生しないようです。

まとめ

教訓
  • サイトに異常があった場合は、プラグインを一個ずつ停止してちゃんと表示されているか確認する。
  • ログインしている状態と、ログインしていない状態では表示され方が違う場合があるので、ちゃんと確認する。
  • トラブルが発生したときのために、定期的にバックアップを取る

最初は驚きましたが、なんとか復旧することができました。

急にエラーが発生したときは、プラグインを無効化してみてください。

私の場合、管理画面では正常に表示されていたのでエラーの発見が遅れました。

この件を反省して、定期的にログアウト状態でサイトを確認するようにします。

ABOUT ME
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに 自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。
無料メルマガ講座のお知らせ


自由な人生を手に入れるためのメルマガ講座をしています。

登録してくれた方にはプレゼントもあります。

無料ですので、ぜひ登録してください。

登録する