自分のこと

適応障害で休職した時の話

こんにちは、ユキです。

私のプロフィールにも書いていますが、就職後約半年で適応障害になり、休職したことがあります。

うつ病は何となくでもわかる方は多いですが、適応障害というと「何それ?」と言われることも多く、適応障害について知らない方は多いです。

今回の記事で、適応障害について説明したいと思います。

会社に行くことが辛い方たちの参考になったら幸いです。

あわせて読みたい
プロフィール初めまして、ユキと申します。 当サイトに訪問していただきありがとうございます。 現在、私はお金に関するストレスから解...

適応障害って何?

適応障害とは、ストレスに適応できず、心身に何らかの症状がおき、生活に支障がでる病気です。

うつ病とよく似た病気ですが、ストレスが無くなってもすぐに良くならないことが多いうつ病とは違い、ストレスがなくなれば症状がよくなります。

こちらのサイトで詳しく説明されています。

みんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省)

最初はただの体調不良だと思っていた

当時は忙しくて、残業することが当たり前の状態でした。

帰宅しても、できることはご飯を食べて、風呂に入って寝るくらいでした。

休日になると、体調不良で寝込んでやりたいこともあまりできませんでした。

毎日憂鬱だったり、倦怠感が酷かったりとか不調は有りましたが仕事が忙しくて、疲れているとしか思っていませんでした。

ある日。涙が止まらなくなる

仕事をしていると、涙が止まらなくなったり息苦しくなったり、動悸がするようになりました。

仕事に行くのが怖くなったり、心身ともに辛かったです。

別の職場(食品工場)で適応障害で休職している友人に相談すると病院に行ったほうが良いと言われ、近くの精神科を受信することにしました。

精神科を受診

精神科を受信すると、適応障害でこのままではうつになると言われました。

1番いいことは、職場をやめることだけど、やめる以外なら休職したほうが良いと言われ、診断書をもらい休職することにしました。

ストレスの原因は職場だったので、職場から離れた結果、症状は良くなりました。

何らかの不調を感じたときは相談するべき

何らかの不調があったときは、家族や友人などの信頼できる人に相談して、一人で抱え込まないでください。

もしかして、自分はこころの病気かもしれないと思う方はみんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省)で相談先を紹介しているので、相談してみてください。

決して、一人で抱えこまないでください。

ABOUT ME
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに 自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。
無料メルマガ講座のお知らせ


自由な人生を手に入れるためのメルマガ講座をしています。

登録してくれた方にはプレゼントもあります。

無料ですので、ぜひ登録してください。

登録する