マーケティング

SWOT分析を使って自分のサイトの強みと弱みを把握しよう

 こんにちは、ユキです。

ビジネスにおいて、戦略を立てることは重要です。

戦略を立てるとき、自分の商品やサービスの強みを知ると効果的です。

今回は戦略を立てるときに便利な「SWOT分析」を紹介します。

SWOT分析とは

「SWOT分析」とは、マーケティング分野で使われるフレームワークの1つです。

  • Strength(強み)・・・自社が持つ強み
  • Weekness(弱み)・・・自社が持つ強み・課題
  • Opportunity(機会)・・・外部環境にあるチャンス
  • Threst(驚異)・・・外部環境にある自社にとって都合が悪いこと。

それぞれの頭文字をとって「SWOT分析」と名付けられました。

「SWOT分析」を行うことで、自分の商品やサイトが他の人のサイトと比べてどんな強みや弱みを持っているかを知ることができます。

内部的要因

自分の商品・サービスなどが分類されます。

強味と弱味は相対的な評価で絶対的な評価ではありません。

Strength(強み)

自分のビシネスで他者のものより優れているものや、武器になるもののことです。

武器となるものであれば何でもいいです。

これはお客様がよく知っている場合が多いです。

自分では強みと思っていないことが、強みである場合もあります。

Weekness(弱み)

自分のビジネスで他社と比べて劣っているものです。

これはお客様ではなく、自分たちがよく知っています。

不平や不満の元になっているものは弱みです。

「景気の悪さ」は外部環境に分類されるので、弱みには当てはまりません。

外部環境

市場や社会状況などの自分では影響を与えられないものです。

政治や経済・科学技術などが分類されます。

Opportunity(機会)とThrest(驚異)

景気良し悪しや業界の成長や低迷・ブームなどが分類されます。

景気やブームは自分たちではコントロールすることができません。

景気の悪さや業界の低迷は驚異にもなりますが、機会にも捉えることもできます。

SWOT分析に使う表

プラス面 マイナス面
内部環境 Strength

(強み)

Weekness

(弱み)

外部環境 Opportunity

(機会)

Threst

(驚異)

表で重要なところ

SWOT分析の表で重要なところは、プラスのマスではなく、マイナスのマスです。

SWOT分析の狙いは、弱点を知ることです。

自分が弱点だと思っている要素は、発想を変えると強みになることがあります。

まとめ

SWOT分析
  • Strength・・・自社が持つ強み
  • Weekness・・・自社が持つ強み・課題
  • Opportunity・・・外部環境にあるチャンス
  • Threst・・・外部環境にある自社にとって都合が悪いこと。

SWOP分析をして自分の強みや弱みを理解したら、次はクロス分析をすると効果的です。

ABOUT ME
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに 自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。
無料メルマガ講座のお知らせ


自由な人生を手に入れるためのメルマガ講座をしています。

登録してくれた方にはプレゼントもあります。

無料ですので、ぜひ登録してください。

登録する