マインド

情報のアウトプットが重要な理由

こんにちは、ユキです。

読書などでに得られた情報をインプットしただけで満足していませんか?

インプットするだけでは、得られた情報はなかなか記憶に定着しません。

情報を記憶に定着させるためには「アウトプット」が重要です。

ネットビジネスの成功者は、インプットした情報を必ずアウトプットしています。

情報のアウトプットが重要な理由を説明します。

アウトプットとは

アウトプットとはインプットの反対で、インプットで得た自分の情報を外へ出すことです。

「文字にする」「誰かに話す」「SNSに投稿する」等もアウトプットの一種です。

私がブログ記事を作成するのも、アウトプットの一環としてやっています。

アウトプットするといい理由

知識が定着しやすくなる

インプットした情報を言葉で発したり、文章に書いたりすると、知識が定着しやすくなります。

頭でわかっていることを言語化する作業。

簡単そうに思えて、意外と難しいです。

ですが、そうしないと簡単に忘れてしまいます。

せっかく得た知識も忘れてしまったらもったいないですよね。

思考力が上がる

アウトプットをせずにインプットだけしていると思考力が低下してしまいます。

脳が物事を思えること偏りがちになることで、思考が止まってしまうのです。

これは「知的メタボリック症候群」と言われています。

今までの知識から考えることしかできなくなり、

結果として新しいことを考えることができなくなります。

頭の固い人はこの知的メタボ状態になっているのかもしれません。

特に、情報をインプットすることが習慣となっている「学生」「読書家」などの方は注意したほうがいいです。

この知識メタボ状態ですが若い人に多く、物忘れがひどいなどの理由で病院に行く方が急増しているようです。

別名「スマホ認知症」とも言われ、スマホをいじりながらゲームやパソコンなどのほかのこともする、マルチタスク状態の方に おこりやすくなっています。

ツイッターの見過ぎやゲームしながらパソコンやスマホをいじっている方は多いので、他人事とは思わずに注意したほうがいいですね。

知的メタボを解消するのにアウトプットは効果的です。

アウトプットすることで、頭の中の情報が整理されます。

アウトプットが苦手な人の克服法

考えすぎない

行動する前に、考えすぎて行動できない人は多いです。

私もそういう傾向があります。

何も考えないのはよくないですが、考えすぎて何もできないのはもっとよくありません。

習慣化する

ちょっとやっただけであきてしまうこともあると思います。

アウトプットは少しやったからいいわけではなく、習慣とすることが重要です。

何かしらのルールを作ると習慣になりやすくなると思います。

クオリティはあまり気にしない

クオリティを気にしすぎて、アウトプットができない人がいます。

100%のクオリティじゃなくて40%のクオリティでも大丈夫です。

誰かに販売するものでもなければ、 クオリティはあまり気にする必要はないと思います。

最初は誰だってクオリティは低いです。

大事なのは行動することです。

ネタなんて何でもいい

アウトプットしたくてもネタなんかないと悩むこともあります。

アウトプットのネタは、なんだっていいと思います。

もし、浮かばないのであれば「レビュー」がおすすめです。

本を読んだり、映画を見に行ったりして思ったことをまとめれば、それがアウトプットです。

感想をSNSに投稿したり、誰かに話すこともアウトプットです。

まとめ

アウトプットのメリット
  • 頭でわかっていることを言語化することで、知識が定着しやすくなる。
  • 情報を頭の中で整理することで、思考力が上がる。

レビューなどもアウトプット

インプットだけだと、あまり意味がありません。

インプットはアウトプットをしてこそ意味があります。

誰かにインプットした知識を話すだけでもそれがアウトプットになります。

アウトプットはあなたがメルマガやブログなどのメディアがあるならそこにすることをおすすめします。

あわせて読みたい
Evernoteの基本的な使い方を解説こんにちは、ユキです。 読書などでインプットした情報をアウトプットせずに放置していませんか? メモなどに書くのは面倒かもしれ...
ABOUT ME
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに 自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。
無料メルマガ講座のお知らせ


自由な人生を手に入れるためのメルマガ講座をしています。

登録してくれた方にはプレゼントもあります。

無料ですので、ぜひ登録してください。

登録する