こんにちは、ユキです。

 

「マズローの欲求5段階説」、高校や大学の講義で聞いたことがあると思います。

 

元々は心理学で使われていた用語ですが、

現在ではマーケティングでも使われるようになっています。

 

人間の欲求について説いているマズローの欲求5段階説を学んで

自分のビジネスに生かしていきましょう。

マズローの欲求5段階説とは

心理学者、アブラハム・マズロー氏が人間の本質的にもとめている欲求を

5段階で表した説です。

 

人間の欲求は下から5段階あり、下の階層の欲求が満たされると

より上の階層の欲求を欲するようになるというものです。

 

この欲求の5段階を下から順に説明していきます。

1.生理的欲求

第1階層の生理的欲求は、生きていくための基本的・本能的な欲求

(寝たい・食べたいなど)のことです。

 

これはとても強いもので、多少は理性で抑えることはできても

無視し続けると理性で抑えられなくなります。

 

何日も徹夜していると、カフェイン摂取でも

眠気を抑えることはできません。

 

このように、この基本的な欲求が満たされていない状態の顧客を

見つければ、高確率で商品を売ることができます。

 

現代では栄養はともかく、空腹を満たせないことはあまりないので

難しいですが、睡眠に関するものだったらうまくいくかもしれません。

2.安全欲求

第2段階の安全欲求は、安全・安心な暮らしがしたい欲求です。

 

雨風をしのげる場所に住みたいとか、健康に暮らしたいなどの

欲求が当てはまります。

 

生活の基本的要件を表した「衣・食・住」で表すと、「衣」と「住」の部分です。

 

生理的欲求と安全欲求は最低限守るべきものです。

マーケティングをするのであれば、この2つの欲求を意識させるような

文章を書くと商品が売れやすくなります。

3.社会的欲求

第三段階の社会的欲求は集団に属したり、仲間を求める欲求です。

 

人は一人でいるより、仲間や家族など親しい人と一緒にいたいと

いう欲求があります

この欲求を満たせない人は、孤独や社会的不安を感じます。

4.承認欲求

他人から認められたい、尊敬されたいと言う欲求です。

 

人は他人とつながると、その中でも自分の存在を優秀だと

認められたいと思うようになります。

 

地位や名誉を求めたり、他人から注目されたいなどがこれに当てはまります。

 

この欲求が満たせない人は、劣等感や無力感に襲われます。

また承認欲求とは、自分で自分を承認することも含まれています。

これは「自身をつけたい」という意味です。

 

SNSでいいねを求めたりするのも承認欲求です。

5.自己実現欲求

第5段階の自己実現欲求は自分にしかない能力を引き上げたい、

自分の限界に挑戦してみたいという欲求です。

 

承認欲求が満たされると、あるべき自分になりたいという欲求が生まれます。

 

肉体的な欲求でもなければ、精神的に他者に依存するような

欲求でもないのでこの段階に至っていない人には不可解に見えます。

6.自己超越欲求

これは晩年のマズロー氏が付け加えた

一般的には知られていない第6段階の欲求です。

 

「目的の遂行・達成”だけ”を純粋に求める」という領域で

返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、

何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。

 

この段階まで到達している人はそう多くはなく、

全人口の2%ほどだと言われています。

 

この段階に到達している人をビジネスのターゲットと

することは基本的にないです。

まとめ

マズローの欲求5段階説をマーケティングに応用する際には、

顧客が精神的にどんな満足感を求めているかを考えるのが大切です。

 

顧客は何を求めているのか、一つの欲求に注目しすぎるのではなく

いくつもの欲求について考えてみてください。

無料プレゼントのお知らせ

ネットビジネスで自由になるためのメルマガを配信しています。
購読は無料で、登録してくれた方にプレゼントをお渡ししています。

ぜひ、登録してください。