マーケティング

ジョハリの窓をブランディングに役立てよう

 

こんにちは、ユキです。

自分が他人にどう見えているかと考えた事はありませんか?

人は自分のことが1番よくわかっていると思いがちです。

しかし、自己イメージと客観的イメージが食い違っていることはよくあります。

自分や他人が知っている「自分」をカテゴリーに分けて分析する方法「ジョハリの窓」について説明します。

ジョハリの窓とは

ジョハリの窓とは、アメリカの心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリー・インガム氏の2人が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」を後に2人の名前を組み合わせて「ジョハリの窓」と言われています。

自分について、自分が知っている自分と、他人が知っている自分を組み合わせての次の4つの窓に分けます。

  1. 解放された窓:自分も他人も知っている自分
  2. 盲点の窓:他人は知っているが、自分は知らない自分
  3. 秘密の窓:自分は知っているが他人は知らない自分
  4. 未知の窓:自分も他人も知らない自分

 

自分が考える自分(主観的な自分)と周りから見える自分(客観的な自分)は、案外違っています。

こういった自己分析は心理学で頻繁に使われており、コミュニケーションをスムーズにするために役立っています。

ジョハリの窓の使い方

自分を知るためには、「開放の窓」を拡大することが重要です。

開放の窓を拡大するために必要なことは2つあります。

秘密の窓を狭める

「秘密の窓」は自分は知っていても他人は知らない部分です。

他人が知らない自分の秘密を多く持つ方は多いと思います。

ですが、それが自分でも知らない自分を見つけることの妨げになっていることもあります。

秘密の窓を狭めるには、ありのままの自分ををさらけ出す必要があります。

他人に隠している秘密を開放することで、コミュニケーションが円滑になります。

盲点の窓を狭める

「盲点の窓」は他人は知っているけど、自分は知らない部分です。

自分では気づかなくても、他人からは見える欠点は誰しも持ち合わせています。

気づかないうちに、相手を不快にさせているなど。

盲点の窓を狭めることは、秘密の窓を狭めるよりも難しいです。

自分で気づいていなければ、狭めることはできません。

盲点の窓を狭めるためには、人に聞くことが一番です。

人に自分の欠点を聞くことで自分の盲点の欠点に築くことができます。

周囲の人のアドバイスや指摘を自分に落とし込み、反映することで盲点の窓を狭めることができるのです。

ジョハリの窓とブランディング

ジョハリの窓を活用して自分自身の長所と短所を知っておくとブランディングを形成する際に役立ちます。

ブランディングをする際に自分が気づいていない短所を出してしまえばブランディングの邪魔になります。

なので、ブランディングの際には自分の長所短所を把握しておくとブランディングがうまくいきます。

なので、開放の窓を拡大することは重要です。

まとめ

ジョハリの窓

ジョハリの窓とは、対人関係における気づきのグラフモデル

  1. 解放された窓:自分も他人も知っている自分
  2. 盲点の窓:他人は知っているが、自分は知らない自分
  3. 秘密の窓:自分は知っているが他人は知らない自分
  4. 未知の窓:自分も他人も知らない自分

自分を知るためには、開放の窓を開けることが重要。

開放の窓を広げるためには、秘密の窓と盲点の窓を狭めればいい。

ジョハリの窓は、ビジネスにも私生活にも使えます。

ビジネスに重要なことはリアルでもネットであっても人と人とのつながりです。

そこにはコミュニケーションが必要不可欠。

ビジネスで人から信頼されない人は成功する確率が限りなく低いです。

ジョハリの窓の使い方をマスターして、あなたの人生を豊かにするために役立ててください。

ABOUT ME
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに 自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。
無料メルマガ講座のお知らせ


自由な人生を手に入れるためのメルマガ講座をしています。

登録してくれた方にはプレゼントもあります。

無料ですので、ぜひ登録してください。

登録する